アイディアを書き留める

毎日、溜まったタスクをこなすのが精一杯で、
私もきちんと実行できていないのですが、
形にならないアイディアを溜めておくことも大事だなーと思っていて
時々やっていることがあります。

それは、頭に浮かんだことを、とにかくひたすら15分間タイプするということ。

いや、別に10分でも5分でもいいんですけどね。

何かの本に書いてあったのか、誰かのブログで読んだのか元をたどるのも怪しいのですが
「あ、これはイイ!」と思ったんです。
とりあえず頭に浮かんだことをひたすらタイプしていくのは気持ちがいい。
その時一番関心があることを延々と語ったり、ただのTODOリストになったり、
誰にも見せない、整理しないで書くというのが、ちょっとストレス発散になったりします。

もちろん、ブログのネタになったりとか、拾えるアイディアもあるのですが
ストレス発散要素のほうが大きい気がします。

タイプする時間がないときは、iPhoneの音声入力でひたすら独り言です。
とりとめのない話が文字になるというのは、自分で思うよりも頭が整理されるので
読み返すととても新鮮。客観視できるのは悪くない。

私はよくメールの下書きを音声入力で作ります。
面識のない、どなたかから紹介された人あてに書く場合は、この方法がとても有効。
話し言葉を文字に起こすと結構長いんですよね。

文章だと省略しがちなことも、話言葉なら面倒じゃないし
何より短時間で終わるのか魅力です。
あとは校正してできあがりです。

しかしiPhoneの音声入力すごい。
今日のブログは長めでした(個人比で)。