引っ越しに伴い、いらない本をメルカリで売ってみた

本の処分というと、資源ごみに出すか
買い取りサービスに持っていってもらうことになると思います。

私もさっさと買い取りサービスにお願いして、本の山をどうにかしようと思っていたのですが
買い取りサービスの価格ってあまりにも雀の涙程度なんですよね。
まぁ、仕方ないけど…。

ということで、まだ時間はあるので、メルカリで本を出品してみました。
時間はあるといっても、早めに処分してきれいにしたいので、期間は1週間。
あとは買い取りサービスに持っていってもらうことにしました。

ためしに今、いちばん売れてる本(笑)をメルカリで検索してみると、

どれくらいの出品数で、価格帯などもだいたいわかります。
やっぱり売れてるー、お金2.0。

このリストから、一番最近売れた本をクリックすると

 

いつ出品されたか確認できますね。

この出品された時間が短ければ短いほど、すぐ売れるということです。

余裕があれば、最近売れた本のひとつ前の本をクリックして、その時間を確認します。
そう、短いほど早く売れるということですよねー。

この方法で、手持ちの本を検索し、わりかし売れそうな本を次々にアップしていきました。
アップには、メルカリカウルのアプリを使って、バーコードから本のタイトルや詳細をインポート。
わー、簡単。本のタイトルって入力が面倒だから助かります~。

 

そんなこんなで、売れそうな本をアップしていくと、アップしている最中に売れていきました。
この早さが魅力ですね。
でもやっぱり残る本もあります。1週間経ってまだ残っている本は買い取りサービス行きに。

本を整理したいときに試してみてください~。