ストロートート/ブラックの色落ちについて:追記あり

ストロートート/ブラックをお使いのお客様から
色落ちするというご報告を受けました。

 

素材は、水による色落ちテストを行っており
濡れた布を付着させた状態、こすった状態での色落ちは確認できませんでしたが
今回色落ちした部分が、手、もしくは腕であることから
日焼け止めなど油分での色落ちではないかと考えております。

ただいま色落ちの検証を進めております。
こちらで情報がわかりしだい、お客様へフィードバックさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

————————–

7月21日:追記

ストロートート/ブラックの色落ちについて、これまで検証したこと
お客様からの情報をまとめました。

・日焼け止め、ハンドクリームなどの油分をつけた状態で持つと色が付着する

・日焼け止めなどの油分を肌につけていない状態でも、皮脂などにより付着する

・油分をつけていなくても、バッグを膝に置いたり体に密着させたり
 「蒸れた状態」になると、洋服などに色が付着する

ということがわかりました。
新しい素材を使うときには、業者さんと素材について詳細や特徴を確認するのですが、
油分、皮脂、そして「蒸れた状態」による色落ちについては想像が及びませんでした。
誠に申し訳ございません。

今後は、素材を扱う時期なども検討し商品開発を進めてまいります。