11/100 寄付をする

アメリカにいると、寄付という行為が身近にあって、
私も時々寄付をする。
主に娘の学校への寄付なのだけど、学校から少し範囲を広げて
寄付したいと思える団体やコミュニティを探してみた。

 

portland fruit tree project という団体がある。
自宅の庭などに実っている、採りきれない果物を
廃棄物をふせぎ、食べ物が必要な人びとや、
その組織に届けるという活動を行っている非営利団体。

 

自宅の庭の果物は、ボランティアメンバーが収穫する。
私もこのプロジェクトのメンバーになって、
毎月いくらかの金額を寄付し、年3回のフルーツ詰め合わせボックスを受け取った。
(いつか、収穫のボランティアに参加してみよう)

 

 

 

このグループに参加して、誰かの役に立て、自分も楽しみ、
寄付のかたちはいろいろあるんだということを知った。
このユニークなアイディア、なにかに転化できないかなぁ。

 

メンバーはいわゆる株主で、出資し(寄付)、
配当(フルーツボックスや苗の割引など)をいただく。
ひとつ違うのは、働き手でもあるということだけど
資本主義経済と奉仕のミックスは、
なにか、これからの、ぼんやりしたヒントになりそうで
しばらくこの組織とつきあってみようと思っています。