12/100 新しいプロジェクトに関わる

やりたいことがたくさんありすぎて、ひとつの仕事に絞れない。
いつも2~3個のまったく異なる仕事(とか活動)を並行して行う。

 

こんな自分は器用貧乏だと思っていて、
トートバッグの仕事をしてからも、あっちこっち、寄り道しながらここまでやってきた。
自分の興味が抑えられなくって、「今、そんなことしてる場合?」とか「本業に集中しなよ」とか、いろいろと聞こえてくる声に、しょんぼりすることもあったりして。

 

昨年秋に読んだマルチ・ポテンシャライト 好きなことを次々と仕事にして、一生食っていく方法という本と、著者のエミリー・ワプニックのTEDトークを見て衝撃を受けた私。

これ、誰のこと言ってるの? 完全に私のことだ! って。

 

 

 

 

もしかしたら、「私もだ!」と思った人がいるかもしれない。
そう、私たちの話だったんです。

 

今月、エミリーの住むポートランドで、
マルチポテンシャライトのカンファレンスが開催された。
オンラインサロンにいる、世界中に散らばるメンバーたちが
ポートランドに集結。日本からは、宮城景花さんが参加した。
(彼女はアジア圏だたひとりの参加者で、その勇気と行動力がみんなの胸を打ち、
今月のピックアップメンバーに輝いた、といういい話も加えておく)

 

景花さんは、共通の友人が引き合わせてくれ、
過去にもいろんな場所で会っていたことがある人。

このタイミングで真正面から向き合うこととなり、
彼女のマルチポテンシャライトのグループをサポートすることにした。

自分の情熱の先に、なにか新しい、おもしろいことが待っているのかもしれないし、
これはなにかの通過点なのかもしれない。
まだわからないけど、おもしろいと思ったことは、
どんな状況でも足を踏み入れたほうが絶対いい。
時間は待ってくれない。

 

 

さて、話をもとに戻そう。
カンファレンスの内容は、

 

マルチポテンシャライトのためのキャリア、ビジネス、サイド・ハッスル、ライフのためのフレームワーク

マルチポテンシャライトの家庭生活

ToDoリストから時間とエネルギーを浪費するタスクを取り除いて、
自分のエネルギーを管理する方法

 

などなど、たくさんのメニューの中から、好きな講座を選び
マルチポテンシャライトとしての自分を深堀りしたり、
ブラッシュアップしていこうという内容だったみたい。
メニューだけでも、本当に興味深いものがたくさんある。

 

これからは、道はひとつじゃなくて、
いろんな興味や情熱を渡り歩き、それがひとつの線につながる生き方も
複数の仕事を楽しく掛け持ちして生きる方法も
どんどん広がって、世の中に認知されていくんだろうと思う。

 

そのヒントが、このカンファレンスにたくさん散りばめられていた。
いろんな興味と特技をあわせ持った、世界中のマルチポテンシャライトが
自分の経験から得たこと、研究の成果をシェアする。
迷える同胞に寄り添い、一緒に仕事をし、よりよく生きようとする。

 

興味と情熱の先には、こんな世界が広がっていた、と
景花さんが話してくれると思う。

 

景花さんの、マルチポテンシャライト・カンファレンスの報告会が10月6日にあるそうです。

ポートランドでの4日間、なにが行われていたのか。
どんな人が来ていたのか。
何を話し合ったのか。
マルチポテンシャライトに興味のある方は、こちらからどうぞ