ひたすら「生活」をしてきて見えてきたこと:その後

以前、はしかよこさんのnoteをシェアして
ひたすら「生活」をしてきてみえてきたことというブログを書いたのですが
はしさんがその後のことを書かれていました。

 

 

私にささったのはこの言葉。

 

私の所作が、態度が、何を選び、何を消費するのかが、自分の健やかさだけでなく、周りの豊かさにも繋がっている。
だから、自分だけでなく、周りも豊かにする選択肢をできるだけ選ぶこと。それが、本当の「丁寧な暮らし」なのかもしれない。

 

もう共感しかない。

 

 

はしさんはひとりでできないならみんなでやればいい、と、オンラインコミュニティを作っていますが
本当に、オフライン/オンライン関係なく、共感する人が集まるコミュニティがあって
それに属しているって豊かな生活そのものだと思います。

 

コミュニティに属する大切さ(助け合う/支え合う/シェアする/みんなでより良くなる)を
ポートランドで実感したんですけど、このコミュニティ感覚ってこれからどんどん広がっていくような気がします。

 

自分を土地や人に縛り付けず、かといって他人事にしないコミュニティについて、いろいろ考えていきたいな。


直売所で買った秋の味覚いろいろ